ぼらの館

KagoshimaniaXというWebメディアやったり、雑誌の連載書いたり、テレビとかラジオに出てる鹿児島のおっさん

ブログ記事を上手く書くコツ

最近めっちゃよく「ブログ記事の書き方教えてください」っていう相談やら講演テーマをいただくのでちょっと僕が考えていることを紹介しておきます。

 

目的を考えて書く

ブログつっても、色々あります。食レポ、書評、日記、イベント集客、アフィリエイトなどなど。

自分が書いて楽しければそれでいいのですが、わざわざ「書き方」を知りたいということは、何かしら目的があってだと思います。その目的に応じて色々テクニック的なものがあります。

自分が何のために書く必要があるのかをちょっと考えてみましょう。

 

パクって書く

目的に応じて、それで上手く行っているブログなりサイトなりを見てみましょう。シンプルに「これは面白いな」という文章もあるでしょうし、たくさん売っている文章もあるでしょう。

自分が目指すものを定めて、それっぽくマネしてみましょう(コピペはだめっす)。

100%マネしきろうとマネしてみると、絶対にマネできない、はみ出してしまうことが出てきます。それがあなたのオリジナリティです。

はじめからオリジナリティは出ません。色々型にはまってみると、自分というものが見えてくるはずです。

 

たくさん書く

かけば書くほど慣れも出てくる的な意味もありますし、書く時間も短くなります。あとは、書いて人に見せましょう。SNSに出してみてもいいですし、そのへんの人に読んでもらってもいいでしょう。その反応を見ながらたくさん書くと良いです。

ものを売る文章であれば、もっと売れるためにはと考えながら、もっとたくさんの人に読んで欲しい文章であれば、もっと読まれるためにはと、とにかく色々考えて書きましょう。

 

熱を込めて書く

僕はこれが一番大事かと思います。「これをみんなに見て欲しい」「これをみんなに知ってほしい」「これをみんなに買って欲しい」。文章の上手い下手以上にその人がどんな思いで書いているか、これが伝わることできっとその文章を書く目的は達することができるはずです。

それができるまで、一生懸命書いていくのが記者であったり、ライターみたいな人が追求していく道みたいなもんだと思います。

 

テクニカルなことはあるのですが、とりあえずこれが僕の考えるブログを上手く書くコツであると思います。

 

テクニカルなことはまた気が向いたら書きます。