ぼらの館

KagoshimaniaXというWebメディアやったり、雑誌の連載書いたり、テレビとかラジオに出てる鹿児島のおっさん

地域ブログが検索順位やアドセンスだけに頼らないで生き抜くためのアレコレ

最近グーグル検索のアルゴリズム変更で、ブロガー界隈もざわめいていますね。

 

こういうこともあろうかと、うちもアレコレ考えていて、だいぶ昔から収益の分散化は大きなテーマとして考えていました。

 

アドセンス

非常に手軽。貼ればある程度お金が生まれるという点でブログの収益化を目指す人にはおすすめの手段です。自分で営業などしなくてもいいのも魅力です。

ただ、広告単価などが常に変動したり、仕組みの変更などは受け入れざるを得ないのでこれだけに頼るのは超危険。

 

・ネイティブアド

アドセンスの関連コンテンツユニット的なアレを2社ほど設置させていただいています。こちらからアプローチして広告置かせてもらったり、ある程度PVのありげなサイトはオファーもあるようです。昔からあちこちお願いしていましたが、話を聞いてくれるのは20万PVくらいからかなという印象です。

アドセンス並にというのがなかなか難しいですが、保険としては機能するかなと。

あと、担当者がつくのでアレコレ要望も聞いてもらえます。

 

アフィリエイト

地域ブログ的には地場産品なんかが融和性あるので、楽天Amazonがおすすめです。僕が活動している鹿児島県は牛肉や豚肉など割と高単価なものが豊富なのでそのへんを中心に攻めています。ふるさと納税なんかもありますが、競合も多いのでうまくやる必要があります。あとは、旅行系とかもおすすめ。

地方からの視点で金融・投資商品などを紹介しているサイトもあります。サイトのコンセプトに合わせないと不自然なので無理くりカードの入会とかはきついかも。

 

・純広告、記事広告

企業さんと直接契約するやつです。バナー広告や記事広告など。地元企業ばかりのバナーが並ぶと地域ブログ感がでておもしろいです。これは自分で営業しなければいけないのがなかなか大変。あとは出してもらったお金が成果になったよというコンバージョンをうまいこと示さねばならないです。バナーだけではなかなか難しいので、記事広告とからめるのが有効です。

 

・メディア出演、執筆

地場で目立ってくればテレビ・ラジオ・新聞などから取材を受けることもでてきます。これを狙うポイントが「検索したらいつもこのサイトが出てくる」ことです。地域の最新情報(出来事や新しい・話題のお店など)をいち早く出していきましょう。

 

・PR記事

バナー広告でも紹介しましたが、広告記事。これは1本記事書いただけで効果が出るということは少ないので、できるだけ継続して複数回紹介して露出を増やしていけば成果にもつながりやすいです。あとは、「こういう記事を書きます」という企画力も必須。

 

・企画立案

飲食店の取材や地域のネタを集めるために奔走していると、「どうやったら注目されるか」みたいな相談も出てきます。飲食店さんのメニューを考えたり、Web上のキャンペーンなど。いわゆる案件ってやつかもです。サイト的にも自分で考えたネタであれば最速でネットに露出させることもできます。また、メディア出演なんかもしていれば、それとからめることもできるようになります。参考になる全国の事例を追いかけましょう。

 

・情報発信のコンサルティング

「ネットに詳しいんだよね、アクセス作れるんだよね、うちのホームページやSNSもなんとかしてくれよ」という相談をいただくこともあります。自分のサイトのコンテンツにならないこともあり、仕事の取捨選択も必要になってくるかもですが、こういう仕事もあります。サイトの制作なんかも出てくるのですが、僕は制作はできないので知り合いに投げたり共同で受けたりなんかもあります。ただ、成果が出るのに時間がかかるので「ネットを使えばなんでもできるんでしょ?」と思ってる方(意外といる)とはしっかり意思の共有、方向性の確認などをしっかりして進めていきましょう。

 

色々紹介してみましたが、

いつもどおり記事を書き続けている

ことが大前提です。

 

検索順位はサイトにとって命ではありますが、それだけでなく情報を展開している地域にしっかり根ざして活動すれば多分生きていけます。

 

ブロガーやウェブメディア運営をしている以上、ブログ執筆、サイトの作り込みの時間が最優先ですが、地域に出て仕事をつくっていきましょう。