ぼらの館

KagoshimaniaXというWebメディアやったり、雑誌の連載書いたり、テレビとかラジオに出てる鹿児島のおっさん

ひとにやさしく

すげえ苦手だなぁと思ってた人にここまでやってくれるのかという親切をしてくれたり、熱心に付き合ってくれたりすると自分の小ささに気づく。

 

そうなってくると、苦手な人は「ちょっとアレ気なとこもあるけど好きな人」になる。

「好きなところを見つけたくなる」ように仕向けて(そんな気があるわけではなくて元々そういう人なんだと思う)もらえるというのはなかなかいいことな気がする。

 

親切にされなくても最初からいいところを見つけるようにすればもっと世界は楽しくなるかもね。

 

苦手な人こそよく観察して、一緒に楽しく過ごせないか考えるようにしてみたい。