ぼらの館

KagoshimaniaXというWebメディアやったり、雑誌の雑誌の連載書いたり、テレビとかラジオに出てる鹿児島のおっさん

ブログを書く上で必要なユルくテクニカルなハナシ

ブログのアクセスが伸びないとお嘆きの方から相談を受けることもあるのですが、概ね「記事数が足りない」「更新頻度が低い」、そして「テクニカルな部分を勉強しなさすぎ」に尽きます。

 

語弊を恐れずに言うと、100記事以下のブログはまず読まれません。

 

更新が1ヶ月前のブログは「ああ、更新もうしないんだ」って思われます。

 

読まれるブログ・サイトを目指すのであれば1年位毎日書いてから相談に来てください。

 

いわゆる成功している・・・アクセスがそこそこあったり、お金に変えられるようになっている人は必死で書いてます。

 

そういう人はライティングセミナーなんか言っても意味ないです。

 

まずは書け。必死で書け。それだけです。

 

で、次の段階があるのですが「その記事は誰が読むの?」という記事を書いている方も非常に多い。

 

基本的には「あなたの私生活なんか誰も興味ない」のです。

うちのサイトで一緒に書いているライターからいわゆる「内輪ネタ」みたいな記事が出てきたら「内輪ネタ寒い」つって即突き返します。

 

それが許されるのはタレントや有名人など「私生活も含めて興味を持たれてる人」だけなのです。

 

それは誰のために、何のために書かれたのかが弱い記事は読まれません。

自己満足でいいならそれでいいですが。

このブログもほぼ独り言、ぼやきみたいなものなので好き勝手に構成もよく考えずに書きなぐっているだけなのです。自己満足。

 

世の中の人がどういうことに興味があるか考え抜いて、それをただひたすらに書き続けていればそのうちアクセスも伸びます。